山椒の若芽

筍の季節とともに、筍と相性のいい山椒の若芽が出てきます。
手のひらに若葉を載せ、パーンを叩く。
そうすることで山椒の細胞が壊れ、香りがたかくなる。

山椒は香料としてもはもちろんのこと、漢方薬として鎮痛、殺虫、解毒、嘔吐、腹痛、下痢、消化不良などにも用いられています。
胃腸の機能を高めることができます。

レシピ:土佐煮

たけのこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)