つくし(土筆)で花粉症予防!

ニョキニョキ、出ているつくしを見かけるようになりましたね!
関東は3月終わりから4月の初め頃、そしてじょじょに北へと桜前線とともに上がってきます。

つくしの栄養素

ビタミンB群やビタミンE、カリウムやマグネシウム、リン、亜鉛、銅、ハク酸を含んでいます。
つくし

つくしの効能

葉緑素を含んでいるため、利尿作用があるため、むくみを予防することができます
ケイ酸が抜け毛を防止や健康な爪を維持してくれます。

抗アレルギー物質があるコハク酸を含んでいます。
花粉症予防で注目されています。
つくしはスギナの胞子茎です。スギナ茶は花粉症予防できること聞いたことがあります。
つくしも同じなんですね。
スギナ

注意
植物毒のアルカロイドや無機ケイ素を微量ながら含むため、心臓病や肝臓病をお持ちの方はおすすめしません。

選び方

節と節がが短く、穂先が開いてなく、茎が太いものを選びましょう

下ごしらえ

袴を取り、水で洗いましょう。
つくし
2分くらいサッと茹でて、水でさらしましょう。
つくし
摘んでから早めに処理してください。

つくしの料理

佃煮、甘露煮、天ぷら、卵とじ、炊き込みご飯などがあります。
卵とじは親子丼の作り方と同じ要領で作ってみてください。

つくし

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)