体験農園としての一年を振り返って

旬菜里は耕作放棄地を借り入れ、少しでも多くの方に農業のことを知ってもらい、耕作放棄地を利用して貰いたい思いで体験を始めました。本格的に農業を始めてまだまだ日が浅いですが、有機肥料を使い、無農薬で育て、安心でおいしい野菜作りを目指しています。

2015年度の体験農園は番外編を含め9回行いました。
じゃがいも、落花生、空豆、さつまいもを種付けし、収穫をするという一連のイベントを計画。
種付けしなくても収穫のみの参加も。

種付けでは、耕運機で耕し、畝を作り方、マルチを敷き、種付けするといった、最初から最後までを参加者で協力して作業を行いました。

体験農園

収穫では、できている状態からツルや枝を取り払い、掘り起こし、マルチを外し、整地して、最後までを作業を一緒に行いました。

体験農園

参加者からは「ツルがとれている状態でさつまいもを掘っていたから、こんなふうになっていたなんて知りませんでした」と。
小さなお子さん(3歳児)も大活躍!
旬菜里の体験農園は準備された状態でやるのではなく、一連の作業を一緒に行います。
家庭菜園をする上でも役立つと思います。

連続で参加されている方は、別イベントの参加のついでに草取りして、ご自身の野菜を管理したり、状態を見学したり。
また、FacebookやWordPressにて成長状態報告し、リアルに確認できるようにしています。

空豆の育成状態:
http://farming.shunnasato.com/category/report/bload-beat

参加されたお子さんたちは土に触れ、虫を発見し、そして野菜の成長に関心を持ってくださいました。

2月から5月のイベントではいちご園とコラボし、いちご狩りと農業体験を両方楽しむことができます。

順子のいちご園

作業が終わった後はお楽しみのBBQ!!

体験農園

収穫したものをその場で食べます。採れたての落花生や空豆は格別です。

落花生

耕作放棄地を借り入れ、2箇所だった畑も3箇所増え、敷地面積も3倍となっています。

2015年度の体験農園

いちご狩りとジャガイモの種付け

体験農園

いちご狩りと落花生の種付け

体験農園

じゃがいもの収穫祭:http://wp.me/p70J2X-6S

じゃがいもの収穫が終わった後もお子さんたちは競うように取りこぼしのじゃがいもを全て収穫してくれました。
大きなスイカを半月型に切って食べることは子供達の憧れのようでした。
汚すことを気にせず食べれる環境はよろこばれました。

落花生収穫祭:http://wp.me/p70J2X-8z

落花生がどんな風にできているか初めての方が多く、楽しんでいただけたようです。
1畝、4キロの落花生を収穫した方もいらっしゃいました。
体験農園

空豆の種付け:http://wp.me/p70J2X-hJ

開放感のある場所でのランチは最高ですね!
体験農園

自然薯掘りとさつまいも掘り:第1部第2部

自然薯は1本しか収穫できませんでしたが、参加者みなさんで畑で炊いた麦ご飯で食べていただきました。
環境の違うさつまいもの食べ比べもしていただきました。
体験農園

苺狩りと醤油工場見学:http://wp.me/p70J2X-uS

地元の醤油工場の見学。
大高醤油

苺一会:http://wp.me/p70J2X-wW

山武市のイベント「苺一会」にご案内しました。ちっちゃなイベントですが、楽しんでいただけたようです。
箸作り体験もあったり、抽選会もあったり。メインのイベントは苺を使ったスィーツの試食会です。
順子のいちご園

2016年度も皆さんに喜んでいただけるイベントを計画していきます。
ぜひ、いらしてくださいね。

直近では4月9日に「お腹いっぱいいちごを食べて、じゃがいもの種付け」を行います。
若干まだ余裕がございます。
お待ちいたしております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)