ニラ(韮)の効能

ニラ(韮)には、β-カロテンやビタミンA、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、リン、鉄などが豊富で、ビタミンK、葉酸やクロロフィルなども含んでいます。にんにく、たまねぎ、にら、長ネギ、らっきょうなどに含まれる臭いの元、アリシンを含んでいます。

アリシンに注目!!

強い抗菌・抗カビ作用があり、ビタミンB1の吸収アップし、ビタミンB1の持続時間を長くします。
疲労回復、新陳代謝の活性化、血栓の予防、風邪の予防・改善、血中脂肪の燃焼促進、コレステロール値の抑制、がんの予防などの作用があるとされています。
油で調理するとアリシンの成分そのものが壊れにくくなるといわれています。

ニラのもつCSOの成分が空気に触れることでアリシン変化し、さらに変化します。
細かく切って放置すると

時間 成分 効果
10分以内で アリチアミン 疲労回復

⬇︎

時間 成分 効果
15分で シスルフィド 風邪予防

⬇︎

時間 成分 効果
1時間で トリスルフィド 血液サラサラ

効果に応じて調理法を見直してみてください。

アリチアミンで疲労回復【10以内】

豚肉とよく混ぜて調理する。
五分以内に仕上げることでビタミンB1と結合します。
代表的な調理法としては餃子でしょう!!

シスルフィドで風邪予防【15分】

高温に弱いので、70度の低温で調理することをお勧めします。
スープに入れるときは煮込まないで、盛り付けたあとに入れます。

トリスルフィドで血液サラサラに【1時間】

熱には強く料理には便利です。

CSOのままで冷え性対策【切らずにそのまま】

80度で2分加熱して調理します。
腸内で脂肪を燃焼させるエネルギーとなり、体温を上昇させてくれます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.