【桜絆プロジェクト】小さなパワーも大きな力に!!

週末になると桜を植えた場所に積み上げた笹のチップをアップしていたら
「1月になったらボランティアにいきましょうか?」
と連絡下さいました。

本日、声かけ集めてくださって来て下さいました。

笹を集め粉末にしたり、焼却したり、薪を作ったりと淡々と作業をしました。

befor after

薪もほらたくさん

まだまだ残っていますが、春までにはやり遂げれそうです。
新芽が出てこないうちに平坦にできたらと思っています。
ありがとうございました。

今日は霜柱は10センチにもなる寒さ。

お昼は雑煮と差し入れの豚まん

寒いからすぐ冷めちゃうんですよね

おやつは焼き芋

とろっとろに焼けました。

16時くらいに皆さんお帰りになりました。

シュンも見送って

寒いなか、ありがとうございました。
4月には桜観察会やるので来て下さいね

皆さんの桜の様子は

一度猪の倒された以降は大きな被害出ていないです。

【桜絆プロジェクト】大丈夫

【桜絆プロジェクトとは】
近年、秦野では、摘み取り作業者の高齢化もあり、後継者存続が課題になっています。
香り高い八重桜の花はお祝い事で使われる桜塩漬けとなり、葉は塩漬けされ、桜餅などに使われます。
秦野市は全国シェアの7割以上締めているそうです。

後継者創出の想いも込めスタートしたプロジェクトです。

関連記事

「【桜絆プロジェクト】小さなパワーも大きな力に!!」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。

      そうなんです。
      「自分でやる」って、細かな笹を集めて一輪車に乗せて運んでくれました。
      一輪車はとても重く、少し傾斜があるので動かすことがお子さんには大変で
      手伝おうとすると
      「大丈夫」

      諦めず、なんども何度も往復して
      素晴らしい家族でした。

      とても助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.