チャレンジ!葛の繊維の取り出し

昨今、葛は厄介者。
大木にはびこり枯らしてしまうことも!

知らないと厄介者で終わってしまう。

葛の根っこは、葛湯として、そして葛きりとして、そして風邪薬の葛根湯としての原料となる。
そして葉は家畜のえさ。
花はポルフェノールたっぷりで食べれることができます

こんな可憐な花を咲かせます。

そして蔓は繊維として
掛川では葛布という布を葛の繊維がら取り出します。

葛は実は捨てるところがない草なんです。

昨年そのことを知り、繊維を取り出してみようと思ったところ、繊維を取り出すには7月頃の蔓でないとダメで

時を待っていました。

今年はチャレンジなので少しだけ蔓を採取
水につけて腐らせ、繊維を取り出してみます。

うまくできたらまたアップします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください