柿渋にチャレンジ

旬菜里には1本だけ、渋柿の木があります。
今年は豊作

前々から柿渋をチャレンジしてみたかったのですが、きっかけが出来ず
先日、いすみで開催した「染物倶楽部」でちょうど同時に柿渋作りの体験があり、きっかけをいただきました。

ミキサーで渋柿をジュース状にして

井戸水を加え、しばらく放置

ざるでかすを取り除き、できたのが2リットルとちょっと

その工程を5回ほど繰り返し、三番目以降を染物へ
1番と2番は寝かせます

渋柿のジュースに20分ほどつけた後、鉄媒染で20分

そして藁灰の灰汁でさらに20分

出来上がったのがこれ

ちょっと色サンプルを


※このまま放置すると色が出てきます。

みょうばんでも

草木染めなのに煮なくても十分染まります。
逆に付くと取れないので注意が必要です。

柿渋は太陽染めといわれる様に太陽の光で濃くなっていきます。
面白いですよ

皆さんも体験してみませんか?
10月の染物倶楽部でもやる予定です。

【染物倶楽部】身近にある草木で染めてみよう

柿渋は来年にまた報告します。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください